数理暦学とは

 算命学を習得するには、膨大な量の暗記と理論の習得 豊富な経験、そしてどのような質問にも快く答えてくれる指導者の存在がないと、完全に習得し、その面白さまで到達することは出来ません。

この学問は中途半端な知識では、人に迷惑をかけるだけ。

学校や書物で理論を覚えても、どのように使いこなしたら良いのか…

自分の答えは合っているのか… 不安を覚え、道半ばで諦めてしまう方が非常に多いのです。

自信を持ち真摯な気持ちで人に接し、プロとして仕事に活用させるには、縦横無尽に活用できる知識と応用力が必要です。 それには、通常少なくても10年以上もの経験が必要になるのです。

私は清水南穂師の個人指導を受け、更に血の出る研鑽を重ね学び通しました。算命学理論の基になる古書を読み、研究するという生活を15年以上続けております。

そこで算命学が難解な理由を見出しました。

それは、人心を掌握する秘儀である為、多くの人に知られてはいけません。何ていったて秘儀なのです!

故に暗語・暗号が多く、わざと難解にしている面がある事。 又、非常に永い時を経て、多くの賢人達の考察により構築された理論であるため、曖昧な点、矛盾した点も多く、故に学閥や流派があるのです。

 しかし、その基礎礎理論は陰陽五行、八進法・六十進法で構築されている非常に理数系的な学問である為、アルゴリズムを構築する事が可能、つまり、数値化・数量化が可能なのです。 その作業を宇宙物理と数学・ITの専門家の力を借りながらデジタル化、長い研究の末、UNGA-Lab株式会社が提供する、人物考察ソフト(UNGA) 時間軸分析ソフト(KOUKAI)です。

 数理暦学は、UNGA-Lab社より提供された、IT技術を活用しながら、推命学を習得していく団体です。 

ITによりデータベースがあると言っても、データベースはあくまでも道具です。 データを扱う人間は理論が分かっていないと使いこなせません。

算命学カウンセラー協会は数理暦学協会の依頼を受け、算命学教育の技術的支援を行います。暗記や個人の解釈を頼りにしたアナログな世界のままだと、《算命学を活用して仕事に出来る人》の数は限定し、業界が拡大しない為、新しい時代に歩み出します。

 算命学を学びたい方は、数理暦学協会にて基礎理論と応用理論を学んで下さい。 理論・解釈技術をマスターし、算命学を学問として更に深く追究したい方は、当協会にお問合せ下さい。 当協会は、算命学カウンセラーとして活動したい方のブラッシュアップの為の勉強や研究を行う事を目的としています。