生月天中殺の天中殺期間

戌亥天中殺の高次元考察については、前回のブログでご説明させて戴きました。

詳しくは、戌亥天中殺の高次元考察 及び 戌亥天中殺さんの天中殺期間のブログを参照下さい。

今回は御質問の多かった戌亥天中殺+生月天中殺について考えてみたいと思いますが、その前に生月天中殺について考えてみましょう。

尚、当協会は既に算命学をご存知の方々を対象としておりますので、初心者の方には分かりにくいかもしれません。

申し訳ありませんがお付き合いください。

月支元命

生月天中殺とは、月干支が中殺されている状態です。

月干支の月支を《月支元命》といいます。月支と月支の二十八元をさします。

ところで、人間のこころは何処にあると思いますか?

  • 心臓
  • 腹部(丹田)

現在の臨床心理学では「こころは《脳》である」と捉え、脳科学に焦点が当たっているようです。NHKの特集などでも成程…と思う事が色々と発見されているようですね。

《首》だと答えたのは子供達です。緊張すると苦しくなる、嫌なことがあると喉が痛くなる…こころは首だという事でした。

心停止により生命活動は停止するから《心臓》だという答えは多く戴きました。

こころは丹田なり

昔の人は《丹田》こそ心だと捉えていたようです。その為、罪人は心臓を一突きですが、武士は自らの手で切腹します。

腹黒い、腹の探り合い、腹の虫がおさまらない…など、腹がこころではないかと連想させる言葉は沢山ありますね。

日干支 月干支 年干支 及びその二十八元の本元の9文字を並べてみてください。

月支とは腹の位置にあります。月支元命とは、丹田、こころを意味しているのです。

生月天中殺

生月天中殺とは、こころが中殺されている状態です。

こころとは、現在・過去・未来と時空間と共に移動しますが、私達は今という瞬間を生きているのですから、月支のこころとは《現在のこころ》《今という瞬間のこころ》という事になります。

こころ変わり…という言葉通り、次の瞬間には変わるものがこころです。

こころを変えないように、昔の人は丹田を鍛えました。インナーマッスルやコアマッスルといった方が分かるかもしれませんね。

生月天中殺とは、こころが中殺されていますので、現在を堅実に積み重ねることが出来にくい性格を所有しています。

蟻とキリギリスで言ったら《キリギリス》。感覚で生きる人が多く、人生が変動しやすい傾向があります。

 

丹田は、こころのシーソーの真ん中だと思って下さい。

生月天中殺の人は、その真ん中のバランスが壊れている状態です。

そのため中庸を保ちにくく、現実面に走れば極端に現実主義となり利益追求型となり、理想主義に走れば利益は関係なく、とことん良いものを追求していきます。

それが同じ人の中で、極端に右左にふれるのが生月中殺の特徴です。

お金の事をシビアに言ったかと思うと、気前よくプレゼントしたりするため、周りの人はその人をどう捉えたらよいのか分かりません。

本人も分かっていないのですから、仕方がありませんが。

生月天中殺の天中殺時期

この解釈は、天中殺現象が強くなる説と、逆に天中殺現象が弱まる説の2説があります。

虚虚の実という理論があり、陰×陰→陽で 天中殺が弱まる説が理論に合っております。

しかし、答は感性の良い所有者の意見に勝るものはないので、伺ってみました。帰納法による統計学なので、多くの生月天中殺の方々の意見を統計とってみるしか答えが分からない部分があります。
以下、所有者から戴きましたご意見です。参考にしてください。

これまでの人生を振り返ってみて、辰巳天中殺の私にとって、毎年4月(辰月)と5月(巳月)だけは、比較的未来を描きやすかったのは、私が生月天中殺所有者だったからといことが、今回学んでみて分かりました。
今までは、4月は年度始めで、1年の計画が立てやすいと思っていたのですが、どうやら私にとっては、それは4月は霧が晴れて視界良好になるからだったようです。そして、晴れている間にしっかり「弧」を設定しているから、次の天中殺期間を迎えるまで、ぶれることなく「虚」でつなげることができているのかもしれません。
生月天中殺所有者にとっては、比較的晴れている天中殺期間こそ、次なる「弧」を設定するために活動すべきなのかもしれません。

孤虚については、孤虚理論を参照下さい。

私の中でも虚虚の実であるため、生月天中殺所有者は、天中殺の方が自分のこころをはっきりと把握できるのではないかと思うのです。

こころが中殺されているため、幼少期から家族から理解されない…という想いをトラウマとして抱える方が多く、そのため、実家から離れ、独り孤独に自分だけの力で頑張ってきた人は、ひとのありがたみがわかるため、他人から戴いた善意を社会に返そうと、ボランティア精神のある素晴らしき方が多いように感じます。

生月天中殺の方々のご意見大募集です。投稿戴けたら助かります。

4件のコメント

  1. 私、生月天中殺です。余談ですが、地支は冲、害があり、ボロボロです。笑
    何かと大変…。
    天中殺期間がむしろ良いっていうのはなかなか難しいです。
    変な歪みが生じて謎のミスを起こすこともあり、バランスを取るのが難しいのは変わらない感じもあります。
    ただ、私の場合は月支が空亡でありながら天乙貴人でもあるので、その時に関しては調子が良い気がします。
    何故か今の職場に生月天中殺がうじゃうじゃいるので笑、居心地が良いんだと思います。

    1. まるこさん、投稿ありがとうございます。
      生月中殺の方の場合、対沖・害所有者には美学あり、逆に半会・支合を嫌がります。えっと思うかもしれませんね。
      陰陽理論に基づいているため、中殺×中殺は、プラスに転じるやすいのです。

      ご自身の精神が不安定ですが、対沖があるため、周りの方に気を遣い、だからこそ自分がボロボロになる。そして何が良いのか分からなくなるため、完璧を追い求める。しかし物事に完璧なものなどなく、普通の人はそんなものだと諦めるラインが、生月中殺の場合、その境界線が見えない。その為自己嫌悪に陥いり、社会に気づかいするのが対沖所有者であり、社会に自分のやり方を押し付けるのが半会所有者です。故に、生月中殺の対沖には美学ありと捉えます。
      ただ、害があるため、そこでバランスをとるのが難しいと思うのですが、害法は、行動の癖みたいなところがありますので、ご自身が妙な癖をもっているなという自覚があれば乗り越えられます。左利きを治すようなものです。
      それが算命学の素晴らしさで、自分が左利きだと気付かないで車を運転するか、知っていて運転するかの違いです。

      生年中殺も生月中殺も、同じ中殺者同志を相性良しと捉えます。お互いをいたわり合うため、居心地が良いのでしょう。

      こういうものは、この知識を有するご本人様からの投稿でしか分かりませんので、投稿助かります。

  2. 生月中殺、生年中殺、子丑天中殺、そして、生日中殺を持っているものです。
    生年月日は、昭和49年1月13日です。
    確かめてみていただければと思い、生年月日も記入いたしました。
    これから受講する予定ですので、間違えていたら、ごめんなさい。

    ただ、今まで、周りからとても運の良い人間だと思われています。

    10年以上前、清水南穂先生の携帯電話のサイトで算命学というものを知り、そのとき、その二つの中殺に関して自分が保有していることを知りましたが、ピンときておりませんでした。運が悪いとあまり感じたことがなかったからです。
    人生の転機においていつも何かに助けていただいているように感じるのです。

    現在は歯科医院を経営しております。
    両親は、医学に全く関係なく、父は、サラリーマン、母は、専業主婦。駅前の一等地で、ビルの一階で、スタッフ9人かかえております。また、35歳で結婚しましたが、不妊治療などせず、36歳で長女、42歳で長男を授かりました。
    主人は、大学と、理化学研究所で人工頭脳の研究をしている、全く別の職種です。

    子供の頃から周りに溶け込めず、軽い学習障害があり、小学校の授業は、覚えてません。図書館の記憶しかないのです。幼稚園は、4つ、小学校3つ、中学2つ、父の転勤や、私の環境不適応で、変わりました。
    授業の記憶がなくとも、本の記憶があり、中学くらいから勉強が出来ると言われるようになりました。
    両親ともにとても大事に育ててくれましたが、高校くらいから、学校と家庭以外の全く親の知らない世界を持ち、バランスを取っていたように思います。
    また、本の虫で、哲学書、心理学、など読み漁っておりました。また、物心ついたときから、母方の祖母に連れられ神社仏閣墓参りをしていたので、小学生のころから、1人でも近くのお寺や神社に行っておりました。
    大学時代は、自律神経失調症になりましたが、幸い成績が良く、なんとか卒業できました。
    昔から長く付き合っている友人は、おりません。

    結婚するまでは、いつ死んでもいいような気がしていました。
    それでも、いつも、運が良さそう、幸せそうだと思われておりました。

    前院長が、派手に経営し過ぎて破産した歯科医院を、そこに勤務していた私が引き継ぎ(かなりゴタゴタしましたが、患者様が支援者になってくれました)現在は、必要経費のみ頂きながら、主人に食べさせてもらうような感じで、仕事しております。

    今まで、経営が成り立たないと思われていた場所で、何とかここまで仕事できたのは、有難いことだと思っております。

    今年44歳になり、やっと、内面と外見が一致し、心からの感謝と、充実感が味わえるようになりました。そして改めて算命学を学びたいと思い、こちらの講座を受講する予定です。
    もし、サンプルの一つにしていただければと思い、コメントさせていただきました。
    質問などございましたらご連絡いただければ幸いです。

    1. 「現在は、必要経費のみ頂きながら、主人に食べさせてもらうような感じで、仕事しております。」というお言葉を拝見して、宿命二中殺所有者の美しい生き方を学ばせて戴きました。
      そこまでいきつくことが出来るのは、苦しみもあり、子丑二中殺の特徴でもあり、また、ご自身が思ったことを素直に行動に移行できるご性質ならではとも思います。

      こちらこそ答の全ては所有されている方しか有しておりませんもので、大変勉強になりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です