算命学的リーダー論

算命学は物事を5つに分類する「五行理論」に基づき、
構築されております。

その中で、五本能という物があります。

簡単に言うならば、人間が生活(生存)するために
5つの本能が存在しているということです。
これは動物の世界にも当てはまります。

まず、動物であれ人間であれ、自らが生存していく為に「食わねば」なりません。
その「食う為の本能」こそが、攻撃本能であります。

次に、外敵から身を守る為の、守備本能

その次が、そういった生きていく術を学び、体得していこうとする習得本能

次に、学んだことを子どもや孫の世代、即ち次世代に伝えていこうとする伝達本能

そして最後に、引力本能というものがあります。

最後に述べた「引力本能」こそが算命学的リーダー論を述べる上で欠かせない要素になります。
人間が万物の霊長たる所以はこの「引力本能」によって、
※時・処・位によって他4つの本能を上手く使い分けることができるからです。
(※時間・場所・置かれた立場を意味する)

人間は「心」の存在、そして動きを非情に強く意識する生き物だとも言えます。
心とは何かを問い始めると、また別の道に逸れていってしまうので、
今回は、心を完全に機能させる方法について述べていきます。

心と本能の構造を図を用いて簡単にご説明致しますと

このような形になります。
つまり、引力本能を除く4つの本能が、引力本能によって心へと至るという構造です。
引力本能というのは、「一つにまとめる」といった本能であるとご説明できるかと思います。

さて、本能自体の話に逸れていってしまいましたので、
リーダー論の戻ろうかと思います。

「リーダーとはかくあるべきだ」

そのように、リーダーの概念を確立されておられる方も多いと思いますが、
今回の記事に書きます「リーダー」というのは、
「それぞれが個性を有する様々な人間を、一つにまとめ、目的・目標へと導く人間」と定義付けさせて頂きます。

人間にも五本能があるように、組織にも五本能が存在します。
引力本能により、バランスよく機能されていると言っても、
若干の強弱があるのが、個性であり人間らしさでありますから
会社であれば、
営業力のある「攻撃本能」タイプの人間
経理などで会社を守る「守備本能」タイプの人間
広報力のある「伝達本能」タイプの人間
プロジェクトを引き継いで発展させる「習得本能」タイプの人間
そして、会社であればその中心人格である社長が「引力本能」タイプの人間
というような分類分けができるのです。

さて、ここまで来ましたら、リーダーに必要な素質とは何かが明確になって来られた事だと思います。
お察しの通り、リーダーとは「引力本能」を強く有しているかどうかが大切になって来るわけです。
最初の図を組織の場合に置き換えてみると、この様な構造になるかと思います。
企業であれば、心とはつまり「理念」であります。
また、最近では「ビジョン」とも呼ぶ事が増えて参りましたが、
この理念(またはビジョン)の指し示す世界や社会を実現する為の組織こそ企業であり、
その為の活動が「働く・仕事」となります。

この組織体がバランスよく機能し、そのビジョンへと向かっていくために
リーダーは「引力本能」を強く有するものとしての力量が問われるわけです。

経営の世界に名を残した経営者たちに
この「引力本能」を強く有する方々が多く見受けられます。

「引力本能」の高め方についてはまた後日ブログにてお書きしたいと思います。
最後までお読み下さりありがとうございました。

 

関連記事

  1. 算命学の鑑定

  2. 結婚相談所と算命学

  3. 算命学鑑定士・占い師・カウンセラー

  4. 算命学ビジネス考察《算命学とマクロビオティック》

  5. 算命学・干支暦学の教育現場における活用法

  6. 数理暦学協会にて算命学のセミナーを行います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP