思考の陰陽学

年末の時期になりますと、
「来年の私の運勢はどうなのだろうか?」
という風に、未来に思いを馳せる機会が増え、
そんな中で「算命学」に興味をもたれる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

算命学に対するニーズは人ぞれぞれだと思いますが、
今回は、「算命学を学びたい」と思われた方に向けて、
ブログをお書きしたいと思います。

さて、今回のテーマを
「思考の陰陽学」と
させていただきました通り、
思考にも「陰陽」があります。

陰陽学は「バランス学」

即ち、物事を理解するときには
どちらか片方に寄るのではなく、
両者のバランスを取る事で、
理解度がより高まります。

物事の思考を司るのは脳であり、
右脳(右は陰)と左脳(左は陽)のバランスが
重要となってきます。

先ず、右脳思考と左脳思考の
簡単なご説明をさせていただきます。

右脳思考というのは
「物事の情景をイメージで捉えること」
左脳思考というのは
「論理的に物事を組み立てて行くこと」

その思考の活用法を
「算命学を学ぶ過程」に当てはめて
お話ししていきたいと思います。

「相生相剋理論」を例に挙げますと、
木は火を生じる → 木生火 
火は土を生じる → 火生土
となるわけですが、
このとき、「木が燃えている」「燃えた木が灰になる
この2つの状景を思い浮かべ、イメージで捉える事
それが右脳的な思考法です。

そして、左脳的な思考とは
五欲(人間の5つの欲)において
木性とは「福」であり、
火性は「寿」であるならば、
木生火 → 福は寿を生み出す
→ 幸福感や安心感は、健康の元となる
という風に論理展開を行うことです。

両方の思考のバランスが取れることで、
算命学はより立体的に浮かび上がってきます。

算命学の原理の一つが陰陽学であるように、
やはり、算命学を学んで行く上では、
右脳(右は陰)と左脳(左は陽)のバランスが
重要となってくるのです。

私自身、今は算命学をお伝えする立場となりましたが
これからも、算命学だけでなく、
様々な学びを続けていく上で、
「思考の陰陽のバランス」を心がけていきたいと思います。

また、「これから算命学を学ぼう!」と
思っておられる方にとって
思考のバランスを意識して頂く事で、
これからの学びがより一層楽しい物となる事を
心から願っています。

最後までお読み下さり
ありがとうございました。

☆算命学理論×ITであなたの運命を紐解く☆

☆算命学の原理原則「干支理論」を学ぶ☆

関連記事

  1. 算命学理論と易経

  2. 結婚相談所と算命学

  3. 算命学を仕事に結びつけた方が良い理由

  4. 算命学的リーダー論

  5. 算命学を仕事にするには…

  6. 算命学のマーケット考察

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP